後天性B

 直腸・結腸癌の獲得性B;消化管疾患で細菌感染時のA型患者が後天的にAB型様の
反応を示す現象

● A型決定基のGalNAcが細菌酵素で deacetylase により galactosamine に変化して
 B型の galactose基と類似し、これを区別できない抗B血液型判定用抗体(ヒト由来、
 動物免疫)と交差反応するため。
● 抗B血液型判定用モノクロ-ナル抗体とは反応しない。
● この後天性Bを示す赤血球は、再アセチル化(reacetylation)することにより、
 もとの血液型に復元できる。

ABO式血液型オモテ、ウラ試験不一致にもどる