抗体

抗体の生化学的性状

1. 反応温度や検出方法により検出できる抗体が違う
 低温で反応すれば冷式抗体、37℃で反応すれば温式抗体、また生食法で反応すれば
 自然抗体、間接抗グロブリン試験で反応すれば免疫抗体が推測される。

2. 赤血球の酵素処理効果
 MNSs、Duffy、Xgaなどの抗原は、構造の一部としてN-アセチルノイラミン酸を
 持つため、酵素によって破壊され検出されない、または減弱する。

3. 凝集力や凝集塊のくずれ方
 他の抗体と比べ、高力価でありながら凝集力が弱く、反応を見逃されやすい
 抗Jra(HTLA抗体:high titer low avidity)などがある。

4. 補体結合性のある抗体
 P(抗P, 抗Tja)、Lewisなどでは溶血反応を起こすことがある。

抗原の分布と特性

1. 抗原の頻度と、抗体産生能:抗原の頻度や、よく検出される抗体を考慮する。

2. 赤血球以外にも含まれる血液型抗原:ABOやLewis血液型などでは、赤血球上に
 限らず血清中に水溶性抗原(型物質)として存在する。

3. 抗原活性の低下を示す血液型:MN、P、LewisおよびDuffy血液型などでは、経時的に
 抗原性が低下する事を考慮するとともに、使用する赤血球(スクリーニング血球)は
 新鮮であることが望ましい。

4. 量的効果(dosage effect):Rh系、MNSs、Duffy、Kiddなど、対立遺伝子を
 持つ抗原では、ホモ接合赤血球とは強く、ヘテロ赤血球とは弱く反応するなど、
 凝集に強弱が見られる。

抗体について

 不規則抗体スクリーニングにおいて溶血、または凝集反応が認められた場合、抗体の特異性を同定し、その抗体が輸血に際し臨床的に意義のあるものか、新生児疾患の原因になるものなのか判断しなければ
ならない。抗体同定にあたっては、抗体スクリーニングで得られた情報と患者の既往歴、輸血歴、妊娠歴、投薬などの情報は抗体の特異性を決定するのに重要な手がかりとなる。

【解釈】
1. 抗体の特異性と血清学的性状を知ることによって、溶血性輸血副作用や新生児溶血性
 疾患の可能性が推測できる。
2. 適合血が事前に確保できると同時に、弱い抗体が存在した場合には高力価の各種市販
 試薬を用いて適合血を得ることができる。
3. 交差適合試験の方法が選択でき、さらに緊急時における対応ができる。

抗体の同定

抗体の種類

自己抗体

同種抗体

抗薬物抗体

 (免疫複合抗体、免疫同種抗体)

寒冷凝集素



輸血にもどる